iDeCo vs つみたてNISA!iDeCo圧勝の理由

iDeCoにしようか、つみたてNISAにしようか、迷ってる方は多いと思いますが、悩む必要はないです。

資産形成と節税の観点で考えたら、iDeCoしかありません。

その理由は以下の通りです。

  • 掛け金は、全額所得控除(30歳/年収500万/月2万積立で年5万程度手取りが増える計算。詳しくはこちらで試算)
  • 運用益すべてが非課税(20年以上の運用に対しても税金がかからない)

iDeCoにあるデメリットはどう考える?

60歳まで引き出せない

よくデメリットとして挙がる60歳まで引き出せないという点。これがデメリットと思うなら、つみたてNISAを含めて、資産運用自体をやめといた方が良いです。

なぜなら、

  • 資産運用は長期(最低10年)で。長ければ長い方が有利になる
  • 元本割れのリスクがある

から。

60歳まで待てない資産だと、例えば教育資金やマイホーム資金、マイカー資金とかが代表例かと思いますが、その資金をつみたてNISAで増やそうと思うのはちょっとしんどそうです。取るリスクの割に期待リターンが悪いと思うためです。含み損のタイミングで資金が必要になることを考えておくべきです。

どちらを選ぶにせよ、一度入れたら基本出さない前提にすると、じわじわと増えていくでしょう。まさに「果報は寝て待て」です。

自分で運用しないといけない

つみたてNISAと迷ってる方なら、このデメリットは無視できます。

運用自体に抵抗がある方は、難しく考えなくて良いです。迷うなら信託報酬の安いインデックス連動の投信を買っておけば良いし、どうしても元本保証に拘るなら(オススメしないが)そうした商品も選べます。

手数料負けしないの?

積立額が月6,000を超えるなら、手数料より節税効果が上回るらしいです。詳しくはこちら

番外編

401k vs つみたてNISA

こちらも同じ理由で401kの圧勝です!

やはり、所得として貰っちゃったら、手取りが何割か目減りしちゃうわけで、つまり種銭が毀損されたところからのスタートとなり不利です(毀損した分を補填するまでに何年もかかります)。

まとめ

日本もだんだんと資産運用していこうよ、と風潮の高まりを感じます。

目減りするリスクはありますが、時の利を活かしてリスクを小さくするのが、遠回りのようで賢いやり方ではないかと思います。

iDeCoとつみたてNISA、どちらで運用しようか迷っている方の道しるべになれば幸いです(^_^)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました