"永遠の0" 小説既読でも十分楽しめた

図書館戦争に続き岡田くん主演の映画を見た。
別に岡田くんが好きとか全然ないが、それだけ彼が映画によく起用されてるという事かな?
映画の前に小説は読んでいた。
なので、あらすじは概ね頭にある状態だった。
結論を言うと、よく出来てるなぁと思った。
映像も音楽も脚本もなかなか良かったんでは?
映画への期待値が低かったのは大いにあるが、ほんの70年ほど前に
“日本の多くの人が壮絶な理不尽の中で生きていた”
という事実が重すぎて、その一端を見たり感じたりできるという意味で、単なるエンターテイメントとして見なかったのかもしれない…
映画程度で語れたり感じられたりするものではないと思うが、これがほんの少し前の日本の現実だったと思うだけで、とても複雑な気持ちになる…
若い頃と年取った後で雰囲気変わりすぎやろーとかツッコミどころが無い訳ではないが、敵機を落とす奴がヒーローみたいな描き方になっておらず好感が持てた。この辺りは原作がしっかりしているからかな?
小説や映画で描かれたものが、どれだけ史実に基づいてるかは知らないので、きちんと過去を見つめる教材としては不適切かもしれないが、戦争の悲惨さは伝わるから良い映画やと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました