さびしんぼう 邦画好きなら必見では?

異人たちとの夏が思いのほか良かったので、棚の奥にしまいこんでいた大林宣彦監督作品である さびしんぼう を再び鑑賞してみた。

いやー良いなぁ。
うまく説明できないけど、色んな感情が次々と湧き出てきてはミックスされ、なんとも言えない気持ちになる。
尾道に行きたくなるのも、なんとなく理解できる。

特に夕焼けが美しい。
富田靖子も可愛いよねぇ〜
ヒロキの想いを橘百合子が断る理由は謎のままだが、貧乏だから恋愛しないというのは不自然やから、それ以上の何かが隠れているんだろう…
この辺りの流れはとても切ない。

ラストに出てくるヒロキの奥さんは橘百合子に似た別人と思う。

好きなシーン

  • さびしんぼうに「触っていいか?」「いいよ」と掛け合うシーン
  • 百合子を商店街で見つけて船着場まで追いかけるシーン
  • ヒロキと父が狭い風呂で語り合うシーン
  • 別れの曲を弾きながら涙がポロッとするシーン
  • 雨の中ヒロキとさびしんぼうが抱き合うシーン(キスしそうな雰囲気にドキドキする)
  • などなど…

とにかく、未見の方で邦画好きなら必見ではないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました