バカでも稼げる「米国株」高配当投資 レビュー 本書は買いなのか?

オリラジの中田氏にYouTubeで紹介された事で、今かなり売れている本の紹介です。

この本は買いなのか?が判断できるように、株の投資歴10年以上の筆者がレビューするよ(^_^)ノ

本書に向く方

将来に漠然としたお金の不安を抱いていて、どうしたらいいかのヒントを探している方

定期預金や国債じゃ物足りない、でも株は怖い…と思っている方

「そろそろ副業に投資でも始めてみようかな」と考えている20代~40代のサラリーマンの方

本書が目指すもの

ゆっくりと、でも最短経路でお金持ちになること

本書の流れ

庶民がお金持ちになるには、どうしたらよいか?

それは、自分の代わりに働いてくれる「マネーマシン」を作ること

マネーマシンを作るなら、米国株の配当再投資がよい

なぜ米国株なのか、配当再投資とは何か、の説明

マネーマシンの具体的な作り方

マネーマシンの育て方(正しい投資技法)

参考: 目次

序章: 庶民がお金持ちになれるたった一つの方法

  1. 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
  2. 米国株が最強すぎる理由を挙げてみた
  3. 金が金を生む高配当マネーマシン その作り方
  4. ど素人投資家への正しい投資技法

レビュー

バフェット太郎氏が、10年の試行錯誤の末に行き着いた資産を生む方法(マネーマシンの作り方)が、簡潔に惜しげもなく披露されている。

これから投資を始める方はもちろん、既に投資を始めてる方にもオススメできる。

ただし、数年で億万長者!という秘訣ではなく、20年、30年という長い時間と複利を味方にして、資産をジワジワ増やしてゆく方法論となる。また、それが庶民がお金持ちになる唯一の方法とも説く。

地味ではあるが、巷に溢れる成功者の方法論と異なり、運や才能に恵まれなくても、愚直に続けさえできれば、誰でも再現可能な点に注目したい。タイトルの「バカでも稼げる~」は、こうした内容を表現している。

そんなわけで、本書は夢のマネーマシンの入り口までは、確実に誘ってくれる。

落とし穴はないの?

うまい儲け話には落とし穴がつきもの。昔からそう教えられてきた。騙されんぞ(笑

嘘かまことかの証明は難しいが、嘘っぱちなマイナー本ならすぐに淘汰される。しかし、本書はマイナー本からメジャー本へ登る勢いを見せている。

敢えて注意喚起するなら…

簡単に始められるが、継続はとてつもなく難しいから覚悟しな!

って事でしょう(汗

いま本書を読み、フムフムと理解し、俺は継続できる未来しか見えん!なんて息巻いていても、いざ暴落の局面に対峙したり、周囲から「こっちは簡単に儲かってるというに、なんでそんな地味なことしてんの、バカなの?」と言われたりすると、一発でマネーマシンを解体しかねない…。

そのため、いま読んだことがすべて理解できたとは思わず、悩みが生じたときには読み返し、「いま自分が何をやっているのか」を再確認しよう。また、バフェット太郎氏のブログを訪れることを強くオススメする(コロナで暴落したとき、バフェット太郎氏のブログで勇気づけられ、投げ売りせずに済んだ経験がある)。

それで、本書は買いなの?

本レビューをみて、何かお金を増やすことに対して突破口が見つけられそう、と思ったなら買って損はないでしょう。

なんかこれまでブログなどで読んだことある内容ばかりだな!と感じた方は、もしかすると知った情報の繰り返しになってる可能性はある。ただ、一つの本として整理されているので、おさらいしても良いと思うなら買ってもよいでしょう。

既にインデックス投資や配当再投資を実践し、日々研鑽に明け暮れてる方には、表層の考え方が中心の書籍のため、向かないでしょう。

まとめ

ゆっくりと、でも最短経路でお金持ちになりたい方、地味だが過酷な旅路を、共に歩いてみませんか。

仲間は多い方が心強いです。

そして数十年後お金持ちになって、祝杯をあげましょう(^_^)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカでも稼げる「米国株」高配当投資 [ バフェット太郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/7/3時点)

https://books.rakuten.co.jp/event/campaign/pointup-program/index-sp.html

〈付録〉本書との出会いについて

私が本書に出会ったきっかけは、自分で日本株をシコシコ売り買いした結果よりも、401kのインデックス投資かつほったらかしの結果の方が、圧倒的にパフォーマンスが良かったことから。

401kは10年で元金が2倍近くに膨らんでて、なんで放置してただけのものがこんなに成長しとるねん!の疑問をもち、ネットやら本やらを漁ってたら、バフェット太郎氏のブログに行き着き、本書を手にするに至ったと言うわけ。

バフェット太郎氏のブログでは、実体験した内容とリンクする事が多く、この人は本当の事を説いてるな、と思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました