映画クイール 製作者は何を伝えたかったのか?

クイールを見た。
見てる最中でこれ見たかも?のデジャヴ感に襲われながらも、絶対見た!という確証ももてないまま鑑賞終了。
うん、なんだろうか、この起伏のほとんどないストーリーは…
わざわざ映画にするほどのエピソードがない…
椎名桔平や小林薫はかなりええ味出してるし、もう少し各エピソードに粘りがあれば良い映画になったと思うが、サラサラと流れて記憶にほとんど残らない…
わざわざ見る必要もない映画と思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました