映画「ハゲタカ」(NHK版) 綾野版の方が良かったな…

映画「ハゲタカ」(NHK版)が、prime指定されてたので観てみた。

「ハゲタカ」について、原作およびNHKのドラマ版は未見、綾野版は途中から見ている。

感想としては、”地味~”(笑

ハッキリ言ってしまうと、おもしろくない(汗

何が面白くなかった?

ネタバレあり。

  • 鷲津が中年おっさんなとこ(綾野剛が若かったからなぁ)
  • のっけから鷲津が”ふぬけ”。たとえお金持ちになっても、イケてる人はビーチで昼間から酒を飲んだりしない(と思うぞ
  • 鷲津が終始やられっぱなし。最後の逆転劇も地味で、それまでのストレスが解消されない。さすが鷲津!って感じが最後まで皆無…
  • 劉(玉山鉄二)の目的がイマイチわからん
  • 劉が見ず知らずの通り魔に刺されて犬死とか意味不明でしかない
  • サブプライムローン問題や、派遣の問題などリアルな問題をシナリオに無理に入れた感じで、リアルなフィクションの枠からはみ出しすぎててなんか冷める

などなど。

綾野剛のような名台詞(死ぬこと以外かすり傷ぅ~!とか、あなたはまだ生きている!とか熱いやつね)が無かったので、ほんとインパクトに欠ける。これ映画じゃなく、2時間ドラマのノリやわ。映画館行ってたら、金返せ~と叫びたくなる感じ(汗

まとめ

というわけで、NHK版や色んなハゲタカが見たい人以外には、まったくオススメできません(悲

コメント

タイトルとURLをコピーしました