和田唱 2ndソロアルバム 「ALBUM.」 レビュー 日々元気を貰える楽曲がたくさんあった

それなりに聞き込んだので、レビューしてみる。

ココロ

メロディーは相変わらず美しい。

でも、歌詞にハテナが多く、そこが気になってしまった。

特に「悪い奴のココロが冷たいなら 地獄行き願う僕は何なんだ」のくだりは、なんど聴いてもハテナが残る。どなたか分かる方、ここのくだりがどんな心情を表現しているか、教えてください(願

と、お願いしていたら、なんと和田唱さん直々にツイートいただき、たまこさんのフォローもあって、ハテナは解決しました!

レビューありがとう♪歌詞の分かりにくかったとこ、良かったら答えますよ

和田 唱さんのツイートより引用
https://twitter.com/sho_wada/status/1321817603862487040?s=19

ココロの歌詞は「悪いやつは地獄に落ちればいいのに」、って思っちゃう自分は、じゃあなんなの?って意味かと思ってた… (以下略)

和田 唱さんとたまこさんのツイートより引用
https://twitter.com/sho_wada/status/1321867773253808128?s=19

普通に考えたらわかるだろ?のレベルだったので、お恥ずかしい限り(汗

とはいえ、嬉しすぎるサプライズがあって、スッキリ解決し結果オーライ♪

和田 唱さん、たまこさん、他にもリプくださった方々、どうもありがとうございました(^_^)ノ

シャンデリア

このノリは好き系。イントロからノリが良い♪

そして歌詞も素晴らしい。

アドラー心理学で言うところの自己受容(自己肯定とは異なる)の大切さを、小気味良いメロディーと歌詞でビンビン伝えてくれる。

今日をちょっと元気にしてくれる、そんなパワーを秘めた素敵な曲。

お気に入りは、Bメロに入るときの一小節の隙間。この間が秀逸。

世界が君に繰り出すBlue 染まりながら悲しい歌を歌う?

ドゥルルル チャンネルを変えてみる?

(トン トン トン トン) ←この間が素晴らしい

闇をみるのはね このくらいにして~

https://j-lyric.net/artist/a008d5d/l0505d9.html

今のまま幸せに~、なれるんだよ、なれるんだよ、なれるんだよ yeah

これが真実!

世界が変わったアフタヌーン

とってもあま~いバラード。濃密な2人は、やはり彼と彼女なんでしょうか。ご馳走さまです。

しっとりとしたメロディーは、とても美しい。

ただ、おっさんの立場だからか、和田唱さんの吐息交じりのヴォイスは、ちょっと気色悪かったりはする(笑

Game E

新しいリズムな一曲。

人生というGameは、今のまま幸せになるのが目的と説く。

個人的には、タイトルにGameとくるなら、8bit(ファミコン風)サウンドを交えてもらえたら嬉しかったかも。

さよならじゃなかった

メロディーがとにかく美しい。聞いてて心地がよい。

歌詞は個人的に普通に思ったが、失恋したてや、過去に大きな失恋を経験した方には、すごく響く様に思う。

ドルフィン

満月が照らす大海原。一匹のイルカが主人公の物語。

幻想的な雰囲気が印象的。

あなたがやりたいことを、やりたいようにやりなさい、あなたの個性そのままで。って事を感じさせてくれる癒しの唄。

薔薇のつぼみ

アルバムも中盤に差し掛かり、そろそろ中だるみしてくるかと思いきや、このアルバムはここからエンジンがかかってくる!

疾走感のあるリズムに、ユニークなメロディーやヴォイスが重なり、和田唱節炸裂な一曲に仕上がっている。必聴

歌詞は抽象的でわかりにくい所があるが、トライセラでもよくある、過去のしがらみや劣等感を抱える心情を、どうにか消化しようともがく人の姿をうたっている。

Once Upon A Time

なんかわからんけど、これを聞くと「スジャータ スジャータ 白い広がり スジャータ♪」のCMソングを思い出す(笑

タイトルも「昔々」だから、ちょっと古風な雰囲気にしてるのかもしれない。うまく表現できないが、良い意味でなんか昭和っぽい(懐

何度も聴くうちに、どんどん良さが染み出してくるスルメソング。必聴

アイ

はじめはなんてことないポップな歌程度の印象だったが、何度も聴くうちに歌詞がとても良いことに気づく。

冒頭の愛とは何か?を説く部分や、いま既に幸せな状態にあることを気づかせてくれる部分、愛を基準にすれば良いと教えてくれる部分など、気づきや癒しを与えてくれる内容になっている。

最後はやはりすべて「愛」に行き着くのかもしれない。

Heiki Heiki

サンバのリズムが印象的な一曲。

サンバのリズムはトライセラ含め初なのでは?また、母さん(平野レミさん)が歌詞に出てるくるのも初な気が。そんな珍しい一曲でもある。

不安なときこそ 合言葉は平気平気。これ、いつの時代も大切な考え方だと思う。

コロナ禍で不安が増幅されがちだが、こうしたポジティブな歌を聞いて乗り越えていきたい。

笑顔でいるのが僕の役割り

何も頑張らずただ愛想良くする笑顔と、懸命に努力して笑顔でいるのが自分の役割ときづくのと、ややもすると紙一重に思えてしまう。

20代や30代だと焦りや未熟さから気づけないが、40代になると自分を客観視するゆとりが生まれるような気がする。

そうすると、歌詞にもあるように

「言われんだ 最近 顔が穏やか
全ての事は少しずつ 良くなっているんだろう」

という穏やかな心境が、時折訪れるのかもしれない。

少し休んだら、また夢に挑むんだけどね…

という気持ちにさせてくれる、日々挑戦を続ける人への癒やしをくれる歌。

「犬と猫と君 玄関に
こんな安心を返せるなら それが役割り」

の部分は、日常のふとした瞬間に「あぁこれが幸せなんだな」と実感し、次の瞬間にはフワリと消える…、という情景を見事に切り出している。

こんな難しい情景を、楽曲の形で表現できることが凄いと思う。

アルバムを締めくくるのに、相応しい一曲。必聴

まとめ

前作「地球 東京 僕の部屋」(2018/10/24)からわずか1年半という短期スパンで発売された本アルバムだが、中身はとても充実していた。

とくに中盤から後半へかけてグイグイとエンジンがかかってくる。

中盤以降は、45歳になった和田唱さんの人としての成熟が、各楽曲に色濃く反映されたのではないか。と私は感じた。

大きな夢を見据えつつも、人生経験から「いまここ」の瞬間の幸せを感じ取ることを大切にする。

自分には特別な才能が備わっていないから、夢も幸せも手に入らない…。挑戦して挫折して…を繰り返すと、ややもするとそんな気持ちが湧き出てしまう。

でも、このアルバムでは

「いま ここで 自分のままありのままで 不完全さもそのままに 愛をベースに生き 不安なときは平気平気の合言葉 日々の幸せを感じて」

という、人生航路を快適にする秘訣を教えてくれているように思った。

和田唱さん、コロナ禍で世の中が大変な時に、日々元気を貰えるアルバムをありがとう(^_^)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ALBUM. [ 和田唱 ]
価格:3099円(税込、送料無料) (2020/10/31時点)

関連記事の紹介

「地球 東京 僕の部屋」 全曲レビュー

和田唱さんの1stアルバムの全曲レビュー。失礼な表現も多々あるかもですが、あくまで個人の意見としてスルーください(願。こちらも完成度の高いアルバムになっている。必聴♪ 特に1曲目~6曲目までがオススメ。

和田唱ソロアルバム「地球 東京 僕の部屋」を全曲レビューしてみる
和田唱の1stソロアルバムである「地球 東京 僕の部屋」をそこそこ聞き込んだので、ここらでレビューしておく。大きなマンションのっけからバラード?秋の夕暮れ。薄暗くなった歩道を一人歩く。風は冷たく、コートのポケットに手を入れて、見...

「HOLLY WOOD」 レビュー

TRICERATOPSのアルバム「SONGS FOR THE STARLIGHT」からの一曲を紹介。必聴♪

さよならHOLLYWOOD
トライセラのHOLLYWOODを聴いたこれスゲー良い。イントロからカッコよすぎんで、出だしの♪リバティーエールの栓を飛ばして得体の知れない今日に乾杯僕はこの街のエキストラ〜のメロディーが、なんやろかとても切ない気持ちになりま...

「LEVEL32」 全曲レビュー

こちらもTRICERATOPSのアルバム「LEVEL32」の全曲レビュー。レベル32でバラモスを倒しても、アレフガルドへ続くのであった。そして伝説へ(笑

https://enjoy-taboriedman.com/2006/11/12/triceratops-level32-感想など/

TRICERATOPSを語る

私がTRICERATOPSのファンになったきっかけは「2020」だった。記事は2006年3月に書いたものだが、「LICKS AND LOCKS」(2004年)をリアルタイムで聴いたと書いてることから、ファン歴は少なく見積もって16年ということらしい…。

そして、2020年にご本人からツイートいただいた。そう思うと非常に感慨深い。

https://enjoy-taboriedman.com/2006/03/22/triceratopsを語る/

2020年になっても色あせない魅力

締めはやはりこの一曲。「2020」は本当に名曲です。

無料だし聴いてみたら?TRICERATOPS 2020
プライム会員なら無料で聴ける楽曲の中から、名曲と思ったものを紹介します。寸評2002年5月発表。18年後の近未来を歌う。周りや自分自身さえもガラリと様変わりしてるであろう2020年において、自分らしさという決して変わらない、いや油断した...

コメント

タイトルとURLをコピーしました